歯の着色とホワイトニング(2) - 完全無痛治療とメタルフリー治療なら天満橋の歯医者「岡本歯科医院」へ

岡本歯科医院

岡本歯科ブログ

歯の着色とホワイトニング(2)11.11.14

【染み込んだ着色の分解~なぜホワイトニングで白くなるのか?~】

whitening.jpg

このフリーラジカルが二重結合を切断して、色素物質を無色な構造に分解するのです。

その二重結合をより多く切断する(より効果を高めるため)には多量のフリーラジカルを発生させる必要があります。

つまり、そのために高濃度の過酸化水素や過酸化尿素が必要となるのです。

また、化学反応を高めるためにオフィスホワイトニングでは、レーザーや光で加熱させて、反応速度を上げています。

以上のように、化学反応を利用して着色物質を無色な構造に分解することで、レジン(樹脂)の歯やセラミックの歯は白くならないのです。

一覧に戻る

Category

Archive

  • 無痛治療アンケート
  • あなたの大切な歯を守るためのメンテナンスプログラム
  • 岡本歯科ブログ
  • ご予約・ご相談
  • こだわりの初診相談

完全無痛治療に取り組んでいます

アクセスMAP

岡本歯科医院 所在地図

〒540-0012
大阪市中央区谷町1丁目6-8
城西ビル2F

TEL: 06-6945-1755

ページTOPへ