入れ歯治療

入れ歯治療

入れ歯にもメタルフリーと審美性を 入れ歯にもメタルフリーと審美性を

失った歯をカバーする治療として最も一般的な入れ歯ですが、金具で留めることもあり、その審美性の悪さから入れ歯はイヤだという方も多いのではないでしょうか?近年では審美性、機能性ともに兼ね備えた入れ歯が登場しています。当院では患者様のご希望に応じて、3種類の入れ歯治療をお勧めしています。

ノンクラスプデンチャー(バネの無い入れ歯)

【メタルフリー 違和感軽減!】金属製のバネを使わない入れ歯 軽くて、薄い材質で装着の違和感を軽減

従来の入れ歯と大きく違う点は、入れ歯を装着するために使用されていた金属のバネ(クラスプ)が無いことです。また、薄く、軽く、弾力がある素材を使用していますので、従来の入れ歯よりも装着感が得られます。
これによって、食べ物が入れ歯に挟まれることが少なくなり、金属が見えないので、見た目の審美性も高くなります。

  • 自然な見た目

    入れ歯のバネが無いので自然な美しさ色調が得られ、軽くて薄いため入れ歯を装着している違和感を感じません。

  • 歯を守る

    金属のバネ特有の締めつけ感が無く、歯を抱えこんで維持するので、歯をゆすることがなく、周囲の骨吸収をおさえます。

  • 快適な装着感

    バネ部分のすき間がないので、食べ物がつまることが少なく、高いフィット感が得られます。

治療例

生体シリコンデンチャー(コンフォート)

【痛み軽減 安定性向上】ほとんどの入れ歯に使用が可能。使用中の入れ歯にも後付けで加工ができる。

義歯が接触する粘膜(歯ぐき)部分をシリコンで作成しているため、高い吸着力でしっかりと固定。安定性が高い上、シリコンがクッションの役目をするため、入れ歯が当たったり、かたい食べ物を噛んだりする時に発生する痛みが少なくなり、よく噛めるようになります。

超精密審美BPS(Bio-functional Prosthetic system)義歯

筋肉や顎の動き、かみ合わせを調整しながら、作製するフルオーダーメイド入れ歯

BPS

BPSデンチャーはリヒテンシュタイン公国のイポクラール・ビバデント社の義歯作製システムで、ヨーロッパやアメリカなど多くの大学病院で取り入れられている方法です。BPSとはBio-functional Prosthetic system(生体機能的補綴システム)の略で、型取りの材料、人工の歯、入れ歯のピンク色の部分の全てが高品質で、前歯なども自然な感じに仕上がります。