前歯の差し歯が茶色くなり、歯茎も黒くなってきたのはどうして? - 完全無痛治療とメタルフリー治療なら天満橋の歯医者「岡本歯科医院」へ

岡本歯科医院

審美歯科&インプラント素朴なギモン「一問一答!!」

保険が効かない治療でお金の掛かるイメージがある審美歯科治療とインプラント治療。「白い被せ物にしてみたいけど・・・」、「インプラントはコワいって聞くけれど・・・」、興味はあるけれど、なかなか治療まで一歩踏み出せない。

そんなあなたの参考になるよう、患者様の素朴なギモンに回答してまいります。

前歯の差し歯が茶色くなり、歯茎も黒くなってきたのはどうして?15.03.19

A.差し歯の素材で使用されている銀の変色が原因

保険適応の「硬質レジン前装冠」というかぶせ物が原因だと思われます。そのかぶせ物は、銀で小さく削った歯牙を覆うコーピング(鉛筆のキャップ状の物)を作り、その上にレジンというプラスチックのようなものを貼り付けて作られています。

レジンはスポンジのようなアナが無数に開いているので、数年でその穴に食物、飲料などの色が入り込み、レジンの劣化と共に茶色く変色してしまいます。そして、銀の食器が黒くなるように、銀のコーピングもイオンを出しながら、黒く変色し、そのイオンにより歯肉にもメタルタトゥーと言われる変色が起こってきます。

これらの原因により、差し歯が変色したり、歯肉も黒くなっていると考えられます。

そういった状態にならないようにするためには、金属樹脂を使用せず、全てセラミックのかぶせ物を作るか、イオンを出しにくい高カラットの金合金でコーピングをつくり、その上にセラミックを築成していく方法が良いと思います。

ページTOPへ