治療後の安心 - 完全無痛治療とメタルフリー治療なら天満橋の歯医者「岡本歯科医院」へ

岡本歯科医院

治療後の安心

口腔内の3つのリスク 「歯ぐきの腫れ」、「咬んだ時の痛み」、「虫歯の再発」

当院では治療完了後の口腔内を最高のコンディションに維持しておくためのメンテナンスプログラムをご用意しております。治療が終了した方を対象に、リスクの高い方、低い方に分けて、2~6ヶ月ごとにSPT(Supportive Periodental Therapy【歯周維持療法】)、歯石・プラーク・バイオフィルムの除去を行います。

低リスクの方の場合、 来院から2ヶ月後ではバイオフィルムは付着しているものの、歯石、プラークなどはあまり付着していません。しかし、高リスクの方の場合はバイオフィルムだけでなく、歯石、プラークなど汚れが付着しており、6ヶ月も経過すると歯茎が腫れたり、膿が出たりする場合があります。

当院では、患者様のブラッシングの状態、免疫力の強弱によりリスクの高低を判断し、メンテナンスの間隔を決定することを重視しています。なぜなら、歯周病は一度良くなっていても、何もしないで2~3年経過すると、また元の状態に戻ってしまっていることがよくあるからです。

適切な間隔でメンテナンスを行ない、汚れやバイオフィルムの除去を行なうことで、腫れや噛んだ時の痛みなどの症状を抑えると共に、虫歯再発のリスクを限りなく軽減することができます。

SPTとは?

SPT(Supportive Periodontal Therapy)とは、日本語で「歯周維持療法」と訳される歯周病治療の後に開始される治療のことです。日本歯周病学会では、SPTのことを「歯周基本治療、歯周外科治療、修復・補綴治療により病状安定となった歯周組織を維持するための治療」と定義しています。

岡本歯科医院 【SPT】メンテナンス・プログラムの詳細

虫歯と歯周病をチェックします。

プラークの状況を観察して、磨きにくい箇所を確認し、個人にあったブラッシング方法を指導いたします。

修復物の状況をチェックします。

お口の中に修復物がある場合は、かみ合わせや磨り減りなどをチェックします。
古くなったり、歯との隙間が拡がっている場合は交換時期を提案いたします。

歯の表面や歯周ポケットをクリーニングします。

歯や歯茎の溝をクリーニングして、表面をツルツルに仕上げます。
そうすることにより、プラーク(最近のカタマリ)や着色がつきにくい環境をつくります。

パウダーを吹き付けて、健康的な白い歯の色に戻します。

生体適合性のある成分のパウダー粒子を集中的に噴霧させ、短時間で効果的にタバコのヤニ、コーヒーなどの着色を除去します。このパウダー粒子は球状で尖った部分がないので、歯や歯肉を傷つけることがありません。

パウダー粒子径60~70マイクロメートル

自らのリスクを探り、そのリスク(生活習慣やブラッシング方法)をコントロールして、歯周病や虫歯が再発しないように改善することが定期的なメインテナンスの目的です。

Prevention(予防)とMaintenance(維持)

予防と維持

予防(プリベンション)と維持(メンテナンス)は、プロフェッショナルケアとホームケアに分けられており、医院での口腔内チェック・クリーニングと自宅でのブラッシング・食生活のコントロールから成り立ちます。

岡本歯科医院には2つのプログラムがあります。プリベンション(予防)で、虫歯予防・歯周病予防を行ない、今までの"削る・詰める・神経を取る・かぶせる"を無くし、一生涯、自分の歯で過ごしていただける状態を維持します。

当院のプロフェッショナルケアは、歯ぐきの中にある歯周ポケット内のバイオフィルムを除去することが目的です。歯ブラシの毛先が入りきらない歯周ポケット内は、自分では容易に除去することができません。そのため、2~6ヶ月に一度の検診で、プロフェッショナルケアを受けていただくことをおすすめします。

1-ご自宅でのブラッシング

ブラッシングは、虫歯に関与する細菌の集合体であるバイオフィルム、歯の表面の細菌やプラークを除去することが目的です。それらの細菌は、口腔内の糖質を代謝させ酸を出すことで、歯のエナメル質や象牙質を溶かして虫歯を作ります。

自宅用にフッ化物とPCAが配合された歯磨剤を選ぶようにしましょう

自宅での予防

効果的なブラッシングとして、アパタイト配合やフッ化物・ピロリドンカルボン酸(PCA)を含有した歯磨剤を使用することで、歯質の再石灰化に有効であり、虫歯や歯周病の予防にも繋がります。特にピロリドンカルボン酸(PCA)は、象牙質の表面にあるコラーゲンをコーティングし、フッ化物を長く留めると考えられており、象牙質う蝕の原因になるコラーゲン分解抑制と脱灰抑制効果があると考えられています。

例えば歯の根元が多く露出している方は、フッ化物+PCA配合の歯磨剤が極めて効果的だとされています。また、歯磨き後のうがいの回数を減らすと、歯磨剤の成分が口腔内に残るのでより効果が出ます。さらに効果的なのは、洗口剤を使うことです。ただ、注意していただきたいのが、バイオフィルムは洗口剤のみでは除去できないということです。必ず正しいブラッシングとプロフェッショナルケアは必要です。

当院では、その患者さんの状況に応じたプロフェッショナルケアとブラッシング方法を提案いたします。

2-食生活のコントロール

虫歯の原因になるのは、決して甘い物だけではありません。

例えば、炭水化物はでんぷん→糖質になり、虫歯の原因菌のエサとなります。代謝した後に酸を出し、歯を溶かしていきます。また、他の食品に関しても糖質が含まれていれば同様に酸を出し、歯の表面を溶かしていきますが、その後1時間くらいで口腔内は酸性から中性に戻っていきます。

しかし、1日の中で飲食(糖質を含有したスポーツドリンク、缶コーヒーや飴、お菓子なども含む)の回数が多いほど、口の中の状態は常に酸性→中性→酸性を繰り返し、中性に保たれる時間が短いので、虫歯になりやすい状態になり、リスクが非常に高くなります。

また、さまざまな薬を服用されている方も注意していただく必要があります。

特に一般的な薬でいえば花粉症やアレルギーでよく使われている、抗ヒスタミン・抗アレルギー剤などは、副作用で唾液の分泌量が著しく減るため、口腔内が乾燥した状態になります。唾液の量が減ると、中性に保つ力が低下するのでリスクが高くなります。

就寝中も唾液の分泌量は減少するので、寝る前に飲食すると一晩中口の中は、酸性に傾くことになります。

虫歯や歯周病になる原因は必ずあります。その原因を知ることができれば、快適な口腔内を維持することができるはずです。

●セルフケア処方

岡本歯科医院では、患者様一人ひとりの口腔内環境に合わせた歯ブラシ・ブラッシング方法、歯磨剤の選び方などを提案いたします。

  • プラークコントロール

    今までの歯ブラシの仕方に問題があるかもしれません。指導を受けて、適切な方法や清掃用具を使いましょう。

  • 生活習慣の改善

    歯周病の普段の食習慣や歯みがき習慣、喫煙などとも関連しています。それらの生活習慣についてもアドバイスいたします。

  • 定期的な歯石除去/歯面清掃

    定期的に来院していただいて、プロフェッショナル・ケアを受けていただくことで、普段の歯みがきでは取りきれない汚れも除去します。

ページTOPへ