インプラント・無痛治療 - 完全無痛治療とメタルフリー治療なら天満橋の歯医者「岡本歯科医院」へ

岡本歯科医院

インプラント・無痛治療

長期間、ケアをしなかった口腔内。
失ってしまった歯はありませんか?
しっかりと食べ物が噛めていますが?
食事の楽しさを取り戻しませんか?

無痛治療への取り組み

インプラント治療がどれほど良い治療だということであっても、手術を行うことに代わりはないのでまだ不安が残る方もいるはずです。ですが、インプラントの治療は無痛治療が可能です。ここでは、インプラントの無痛治療について説明していきます。

無痛治療が可能な理由

まずは人間が感じる痛みについて、簡単に説明しておきましょう。

インプラントでの治療に限らず、人間の体は、痛みを感じると体内から様々な物質を出して、脳に伝達させ体を反応させます。

一旦脳に痛みを感じさせる物質が達すると、痛みを感じるだけではなく、痛みの域値が変わってしまいその他の症状も引き起こすことがわかってきました。

例えば、炎症を起こしやすくしたり、鎮痛剤の効き目を低下させたりすることがその代表です。その為に十分に事前に麻酔をし、痛みが出る前に消炎鎮痛剤を投与する事が必要なのです。Pre-emptive、analgesia(先制鎮痛法・先制 鎮静法) といわれています。

この方法を行うことにより、炎症を抑制することができ、痛みを感じずにすむのが無痛治療です。また、無痛治療によって痛みは無くとも、精神的な恐怖感は残りますので、それに対しては複数のトランキライザー(精神安定剤)を使用し、 緊張による血圧の上昇、痛みの増幅を抑制することを行います。

それにより術中はうとうと眠った状態で、精神的なストレスは全くありません。それらの処置を行うことにより術後の痛みはほとんどありません。

このようにインプラントの治療中、治療後の痛みを感じることなく手術を受けられる無痛治療が可能となります。「手術を受ける=痛みを我慢しなければならない」ということはありません。「歯医者=痛い」という概念も変わってくるのではないでしょうか?

それでは、実際どのような方がインプラントでの無痛治療を受けられているのでしょうか?

インプラントの適応症

  • 義歯を負担させる顎の型が狭く義歯を十分に維持させられない場合(食事の際に、いつも義歯が痛い方)
  • 粘膜が薄く、義歯を維持させることができない方(すぐに義歯が外れる方)
  • 再発する疼痛と不適当な入れ歯などで十分噛むことができない場合
  • 入れ歯など、嘔吐、反射がきつく、入れることができない場合
  • 取り外しの入れ歯を、精神的に受け入れられない場合
  • 残った歯がブリッジや、入れ歯を負担するだけの力を持っていない場合
  • 周囲の歯を削りたくない場合

実際インプラント治療に来られる方は、これまでたくさんの治療法を試したけれども、どうしても自分の納得がいかない、耐えられないという方が多いようです。

入れ歯にしてもブリッジにしても、口の中に異物を入れておくのですから、仕方がないのかもしれませんね。だからこそ、異物を入れるのではなく、自分の歯にしてしまうというインプラント治療が望まれるのです。

利点ばかりが目立っているように見えるインプラントですが、完璧なものは存在しないというのが自然の常です。ここでは、インプラントのデメリットを紹介します。といっても、特筆すべきデメリットはありません。
ここでは、インプラント治療が失敗しやすい原因について紹介していきましょう。

骨の状態によるもの

インプラントと骨の関係を、簡単に考えると釘と材木の関係を想像して下さい。材木の質により、釘は抜けやすくなってしまったり、逆に抜けづらくなってしまいます。この状態がインプラントと骨にも起こってしまうのです。

骨が柔らかすぎる場合

インプラントを植立した後、安定せず、ぐらつく場合があります(初期固定ができない場合)後で、抜けることがあります。

<対策>

骨はスポンジ状なので、始めに圧縮(コンデンス)しておくと比較的硬い骨にすることが出来ます。

骨が非常に硬い場合

植立後安定は(初期固定)十分だが、骨の内部の血流が少なく、インプラント周囲の血液、循環が少なく、又硬い為に骨を削っているときの発熱の為に後で抜けることがあります。

<対策>

骨を切削するとき、十分注水して、発熱を40℃以下に抑制する。

噛み合わせによるもの

インプラントは自分の歯と同等によく噛めますが、自然歯と違い、歯根膜(歯と骨の間にある神経膜)が無いので、歯の部分で圧力を感じることができません。その為に、過度の力がいつもインプラントにかかっていてもそれがわからず、 周囲の骨が歯周病のように吸収してきます。

<対策>

  • 定期的に噛み合わせの調整をする。
  • 過度の力が加わった時にはすり減るような素材で歯の部分を作りインプラント本体を守る。

適切なブラッシングが行われなかった時

インプラントも自分の歯と同じように常にプラーク(汚れ)が溜まっていると、周囲の組織に炎症が起き、抜けてしまうことがあります。

<対策>

自分の歯と同じよう、汚れがつけばすぐにブラッシングを行う習慣をつけましょう。

医療レベルによるもの

インプラントは骨に、直にフィスクチャー(インプラント体)を埋める処置です。骨の質は人によって十人十色です。インプラント埋入前にはCTや、オルソパントモグラフィーなどで、骨質なども十分把握しておいた方が、いろんな骨質に対応しやすいと思われます。又、インプラントも他の治療と同じで、その部分だけでなく、口腔内全体のバランスが悪いと長持ちしません。

インプラントを含め、御自身の歯を一生に渡り長持ちさせる為には、精度の高い治療で且つ、口腔内全体のバランスを保って治療できる医療機関を選択されることをお勧めします。

<精度の高い治療を行うための検査>

レントゲン写真 CT検査(シンプラント)
ページTOPへ