保険の銀歯には、金属アレルギーを起こしやすいパラジムウという金属が含まれおり、

実際に皮膚アレルギーや原因不明の体調不良等を起こす場合もあります。

日本皮膚科学会では、原因不明のアレルギー症状患者の約50%の患者が

歯科金属が原因であると発表されているそうです。

また海外の動きとして、歯科医療先進国であるスウェーデンでは、日本で使用されている

保険の銀歯に含まれている金属の一部は、すでに禁止されており、ドイツでも幼児や妊婦に対して、

重金属を含む歯科材料を使用しないよう勧告を行い、メタルフリーを推奨する動きが活発に

なっています。

以前から当院でも、ジルコニアなどメタルを使用しない被せ物を、選択される患者様がいらっしゃいますが

最近はこのような流れから、ジルコニアを選択される方が増えている傾向にあります。

ご自身の歯の寿命を延ばしたいと、お考えの患者さんが多いようですね笑う