メタルフリー・審美治療

メタルフリー・審美治療

リスクを減らす。劣化しない素材ジルコニアとは?

子どもの頃より大人になってからの方が虫歯になったり歯茎が腫れたりと
お口の悩みが増えたと感じる方が多くいるとか思います。
生活リズムの変化や仕事が忙しくて磨くのがおろそかになりがち…と
理由はさまざまあるかと思いますが
要は汚れがつきやすくなってしまったのです。
残念ながら今のところ虫歯菌・歯周病菌をゼロにする薬はありません。
職場の健康診断で歯科検診を受ける方は少ないと思います。
毎日食事をする以上、ご自身で気にかけてご自身で
予防するしかないのです。

なぜ汚れがつきやすくなったの?

全く治療をしていない歯に新しく虫歯ができることもありますが
多くみられるのが1度治療した歯が悪くなり
また治療が必要となるケースです。
それはなぜでしょうか。劣化したからです。
日本で保険適用の銀歯といわれる素材は
ほとんどが銀とパラジウムで、
湿潤状態にある口腔内では金属イオンを出しながら
少しずつ錆びていきアメが溶ける様に溶け出します。
溶け出すと歯と歯の間に隙間がうまれ
モノが詰まりやすくなっていきます。
表面には目に見えない傷があり、
その中には無数の細菌が存在します。

金属アレルギーにも要注意

金属アレルギーと聞くと装飾品が原因のイメージですが
口の中の銀の詰めもの(被せ物)が原因のことも多いです。
溶け出した金属イオンは免疫の働きにより
異物と認識されるとアレルギー反応を起こします。
一度金属アレルギーになってしまうと一生続いてしまい
突然発症することもあります。

リスクを減らす!劣化しない素材を選ぶ

1度治療すると歯科材料はあなたの体の1部となります。
銀の詰め物(被せ物)は少しずつ体に影響を与えます。
劣化により汚れがつきやすくなり溶け出すと
金属アレルギーのリスクや歯茎が黒く変色することもあります。
そうならないように歯科で注目されているのが

ジルコニアなどのセラミックです

ジルコニアとは?銀歯との違いは?

ジルコニアとは人工ダイヤモンドと言われ
とても丈夫でアレルギーを起こさない
体に優しいセラミックの1種です。

①白く透明・審美性が高い

金属を詰め物(被せ物)に使うと色が目立ちますが
ご自身の歯に近い色に仕上げることが出来る為
目立つことなく自然なため奥歯だけでなく
前歯にも適しています。
本物の歯に近い質感も大きな特徴です。


②変色しない・長持ちする


樹脂や金属は長く使用するほど茶色や黒く変色し
表面がざらつくのに対しジルコニアは非常に
安定した素材で変色はしません。
厳しい環境の口腔内でも長時間良い状態を保ち
汚れもつきにくく清掃面でも優れています。


③強度も強い


従来のセラミックはあまり強度がなく割れることも
しばしばありましたが、ジルコニアは人工ダイヤモンド
といわれるだけあり非常に強く硬い素材です。
かといって噛み合う反対の歯(対合歯)を傷つけることも
ありません。奥歯にもしっかり機能します。




セラミック(ジルコニア)を選択すると保険適用外となり費用はかかりますが
詰め物(被せ物)は一生ご自身の体の一部となる訳ですから
アレルギーを起こさない丈夫で清掃性のある歯で
少しでも虫歯・歯周病のリスクを減らし健康に過ごしましょう。


自費治療の無料初診相談を行っております。お気軽にご相談ください。

  • 電話でのご予約
  • メールでのご予約