厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、子供の虫歯は減少傾向にあるようです。一方、大人の虫歯も減少傾向か?といえば、そうではないようです。

昔、治療した虫歯が大人になって、また虫歯になるケースや年齢とともに歯周病を発症しやすくなったりで、大人の口腔内は大きなリスクを抱えています。

定期的なクリーニングを行うことが一番の対策です。