【染み込んだ着色の分解~なぜホワイトニングで白くなるのか?~】

whitening.jpg

このフリーラジカルが二重結合を切断して、色素物質を無色な構造に分解するのです。

その二重結合をより多く切断する(より効果を高めるため)には多量のフリーラジカルを発生させる必要があります。

つまり、そのために高濃度の過酸化水素や過酸化尿素が必要となるのです。

また、化学反応を高めるためにオフィスホワイトニングでは、レーザーや光で加熱させて、反応速度を上げています。

以上のように、化学反応を利用して着色物質を無色な構造に分解することで、レジン(樹脂)の歯やセラミックの歯は白くならないのです。