Y様のケース。

長年の歯周病により、左上の4番目の歯が疲れると腫れたり痛かったりするので、抜く事になりました。

抜いた後、歯がないと見栄えや機能的にも良くないので前後の歯を使って被せ物をしました。

Y様の口腔内は汚れに敏感なので、汚れの付着が極めて少ないジルコニアのブリッジで被せ直ししました。

前後の歯は、神経を残したまま治療しました。

3番目の犬歯と、抜いた4番目の歯はジルコニアフレームの上にセラミックをレアリングする事により、審美的にも満足度が高い歯に仕上げました。

【術前】2014-08-08 14.44.40.jpg


【術後】2014-09-05 14.40.32.jpg

星ジルコニアはガラス状の表面なので、汚れの付着がほとんどなく歯周病の患者様に適した材料といえます。