左下4番目が保険の金属の詰め物の下で虫歯が進んでいたので、麻酔をして中の虫歯を取り、ジルコニアクラウンで被せ直しました。
MTAセメントで神経を保護する処置をしたので神経は取らずで出来ました。
ジルコニアはガラスに似た素材なので、表面がツルツルで汚れが付きにくいので虫歯になるリスクも金属と比べてはるかに低いです。


女性


50歳代


治療回数は無痛治療にて4回です。


術前・術後


CIMG9777_collage.jpg