右下6番目をジルコニアインレーで詰めなおしました。
虫歯が深く神経まで近かったのですが、MTAセメントという神経を保護する材料を使って処置(覆髄)をしたので、神経は残すことが出来ました。
ジルコニアの高い強度のおかげで、健康な歯を削る量が少なくて済むので、スペースの小さい詰め物の箇所(インレー)にも最適です。


女性


50歳代


治療回数は無痛治療にて2回です。


術前・術後


CIMG9820_collage.jpg