男性 50歳代

前歯部の虫歯と右上が噛みづらいということで来院されました。
まず痛みのあった前歯から順番に治療を行い、
見た目も気にされていたので最終的に前歯はレアリングを被せ
透明感のある自然な仕上がりにしました。
また、右上の歯がなく噛みづらい状態でしたが
前歯にはバネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)を入れることで
見た目もよく安定感もあるので再びしっかり噛んで
もらえるようになりました。
回数は少しかかりましたが、綺麗な歯になってまた噛めるように
なってうれしいと喜んで頂けましたきらめき


CIMG9915_collage.jpg