予防歯科

予防歯科

フロスと歯磨き、どっちから先にしたらいい??

歯磨きの時にフロスなど、補助的なものを使用して口腔内のお掃除をしていますか??
その時に使用する順番を意識してみたことありますか?
研究により、フロスを歯磨きの前に行うと最も効果的に歯垢を除去することができると示されました。

※米国歯周病学会が発行するjournal of periodontology誌の特集より

フロスと歯磨きどちらを先にする?

『ブラッシングとフロッシングの順序が歯間部の歯垢減少とフッ化物の維持に与える影響:無作為化比較対照臨床試験』というタイトルの試験で、25名の人に対し、①歯ブラシで歯を磨き、そのあとにフロスを使って歯間空壁を清掃するよう依頼した。また同じ25名に対し②フロスを使用した後で歯ブラシで歯を磨くよう依頼した。
その結果、参加者がフロスを使用した後に歯ブラシを行ったほうが、口腔内の歯垢の量が減少したそうです。
その他、フロスを先に使用するほうが虫歯予防に役立つ無機質のフッ化物が、口腔内でより高濃度で維持されることも分かったそうです。

この研究の結果では、フロスの後で歯ブラシを行うことで口腔内の歯垢が減少する可能性を示していますが、口腔内の健康を維持するには、両方を毎日行うことが大切になります。


正しい種類の歯ブラシやフロス、歯間ブラシを選択するのと同様に、フッ化物配合歯磨剤が必要なのか、かかりつけの歯科医にぜひ相談してください。


歯周病予防として、定期的なフロッシング、1日2回のブラッシングと年1回の総合的な歯周検査を行うことで、適切なケアを受けられるため、歯周病は治療可能で回復することが多くなります。

img58845300.jpg
yjimage.jpg


自費治療の無料初診相談を行っております。お気軽にご相談ください。

  • 電話でのご予約
  • メールでのご予約