予防歯科

予防歯科

ウイルス感染対策と口腔内

ウイルス感染対策と口腔内

歯科では近年、口腔内清掃の重要性が全世代で徹底的に指導され、口腔ケアが認知されてきました。
口腔ケアとは、口腔内の維持や管理、口腔衛生、口腔清掃などと言われています。
歯周病菌は歯の表面や根にバイオフィルム(細菌被膜)を形成し、凝集反応で歯周病菌が歯周ポケット内の毛細血管を
介して各臓器に流れ、内毒素を産生して各臓器に到達します。
呼吸器で言えば肺に侵入すれば、発熱を起こし口腔内や上気道(器官)に侵入した細菌はインフルエンザウイルスの
力を増殖させ、インフルエンザにかかるリスクが高くなることがわかっています。

これは、コロナウイルスや季節性のインフルエンザにも当てはまると言われています。

うまくプラークコントロールをされている患者さんは風邪、コロナウイルスや季節性のインフルエンザなどに罹患する
確率が減少すると統計的にわかりました。

その為、個々に適した歯ブラシや、補助ブラシ、洗口液などを使用することが大切です。
その他に、定期的な歯科検診を受けプロフェッショナルな処置を受けることが最も大事です。

マスク着用や手洗いうがい、アルコールでの消毒も大事ですが、口腔内をコントロールすることもウイルスに対処する重要方法のひとつです。

自費治療の無料初診相談を行っております。お気軽にご相談ください。

  • 電話でのご予約
  • メールでのご予約