予防歯科

予防歯科

歯が痛い時の応急処置

緊急事態宣言により通院は制限されていませんが
外出を控えるように努めておられる方がたくさんいらっしゃると思います。
本当は通院したいけど...すぐできない方のためにお家でもできる
応急処置の方法をいくつかご紹介したいと思います。

まず1番大事なこと

基本的なことになりますが、『口腔内を常に清潔に保つこと』
よく耳にすると思いますが本当に凄く大事です。
家に居る時間が増えるとつい間食が増えたり、生活リズムが 崩れやすいです。
時間を決めて食事をするように気を付けたり 食べた後は必ず歯を磨くようにしましょう。
特に夜は歯間ブラシやフロス、薬用うがい薬なども使って 丁寧におそうじするようにしましょう。


虫歯の場合


*穴があいてそこに食べかすが入っている場合
  その刺激により痛みに繋がっているケースがあります。
  穴の中が酸性になり痛みが出ているのでアルカリ性又は中性にすると虫歯の
  痛みはなくなります。
  汚れを取ることで痛みが和らぐことがあります。

*冷たい水がしみる
  神経に刺激が伝わりやすくしみて痛いケースが多いです。
  ぬるま湯に変えることで和らぐことがあります。

*噛んだら痛い
  なるべく反対側で噛むようにしましょう。
  すごく硬いものやアメ、氷など強く噛むと歯が割れたりヒビが入る
  ことがあります。気をつけましょう。

*必要な場合は鎮痛剤を服用する

歯ぐきが腫れている場合

歯ぐきが腫れる原因は周囲の汚れや体が疲れて免疫が低下し 細菌感染により起こることが多いです

*口腔内の細菌数を減らす
 薬用うがいでよくうがいをする
 薬用殺菌成分の入った歯磨き粉でしっかりブラッシングをしましょう
 

*熱を持っているときは頬側から冷却シートや濡れたタオルで
 冷やすと和らぐこともあります。

親知らずが痛い場合

*歯周病で歯肉が腫れるのと同じように細菌が関与しています
歯茎が腫れているときは痛くてよくおそうじしましょう

*冷却シートや濡れたタオルで頬側から冷やす

*鎮痛剤を服用する

入れ歯の場合

*痛いときは無理をせず外しておきましょう

*緩くて落ちやすい時は市販の安定剤を少し塗布すると
 安定することもあります

控えた方がいいこと

*過度に患部を触る

*長時間冷やす
 冷やし過ぎると血行不良を招き逆に痛みが増すことがあります

*入浴・飲酒・運動
 血行が良くなると痛みが強くなる事があります
 痛みがあるときはほどほどにしましょう

*喫煙
 タバコのニコチンには毛細血管収縮作用があります
 血行が悪くなると痛みを感じやすくなります

*必要以上に鎮痛剤を服用をする
 胃が痛くなったり効き目が悪くなることもあります
 使用方法は守るようにしましょう


上記の方法はあくまで一時的な痛みを和らげる方法で あり治療とは言えません。
歯ぐきの炎症は改善することがあっても歯の虫歯や破折などは
自然治癒することは残念ながらありません。
違和感や痛みなど治療が必要な場合は歯科医院に 相談・受診するようにしましょう。

自費治療の無料初診相談を行っております。お気軽にご相談ください。

  • 電話でのご予約
  • メールでのご予約